スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和のごはんってなんでこんなにほっとするのかしら

2010年02月23日
100223夕食
本日のお夕食

   ・ごはん
   ・かます
   ・おろし明太
   ・白菜と豚肉の蒸し煮
   ・もつ煮



こんばんは、酒季でございます。
春のような一日でした。
今日という素敵な日をお天気も一緒に祝ってくれているような気がします。
春、なんだかわくわくする季節ですよね。

さて、昨夜はこってりメニューでしたので
今日はうってかわってさっぱりメニューです。
今日はかますの干物をやきました。
ロースターで焼くと反り返ってしまいました。
お顔のほうからパチリと写真をとると
なんだかこんな恐ろしいお顔に。
「熱い~、おいしく食べてくれよ~」なんて声が聞こえそうですわね。
100223かます
初めはかますに添えようかと思った大根おろしですが、
たっぷり食べたかったのでおろし明太にしました。
福岡の明太子をどーんとのせています。
ときどきいく割烹料理やさんで主人がよく頼むのがおろし明太です。
こんな簡単な料理ないですわよね、
料理人にお願いするのが申し訳ないようなお料理です。
100223おろし明太
昨日おいしかったので、さらにホルモンとお味噌を足して作ったもつ煮です。
今日は炊きたての白いごはんがありますので、
一緒に食べるとごはんがすすみます。
昨夜からぐつぐつ煮て、一度冷まし上に固まった脂をきれいに取り除いています。
また朝にぐつぐつ煮て、冷ましておきまた上に固まった脂を取り除きます。
こうして丁寧に脂をとっているので
もつ煮といってもかなりあっさりと食べることができます。
これ、主人のつぼにはまってしまいました。
おいしい、おいしいと言って食べてくれる。
これほど料理を作ってうれしいことはありませんわね。
100223もつ煮
白菜と豚肉を重ねて蒸し煮にしています。
これ本当はもっときれいな花模様になる予定だったのですが、
お鍋にいれて蒸していたらだんだんぺしゃんこになって崩れてしまいました。
ほんだし少々、日本酒たっぷり、薄口しょうゆ少しをいれて
後は蓋をしっかりして蒸すだけ。
残ったお汁を片栗粉でとろみをつけてかけています。
白菜もたっぷり食べられます。
100223白菜と豚肉の蒸し煮
特別手の込んだお料理ではないのに、
豪華な食材を使ったお料理ではないのに、
こういう和のごはんってどうしてこんなにほっと落ち着くのでしょうね。
一日の締めくくりにぴったりのおいしいお食事でした。

もつ煮とごはん、もつ煮とお酒。どちらがお好みかしら?食べたくなった方は
こちらをぽちっと。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
こちらにも参加しています。クリックお願いします。
ブログランキングバナー

スポンサーサイト
Comment
ホントですよねぇ!
こういう和食は毎日食べても飽きないですよね♪
(と言いながら我が家は
中華でしたがf^_^;)

明太子と大根おろしも合うんですね?!
福岡に親戚がいるので、
今度明太子をいただいたら試してみなきゃ!
お疲れ様です。
本日2度目のコメントです(笑)
お昼は、会社からこっそりと^^;

こういう和の食事は、ホッとしますよね(*^_^*)
酒季さんのところでも、魚の開きは、頭がそのままの開きなんですね!
高知だけかと思っていました^^;
ミポリンさんへ
会社からこっそりコメントもありがとうございます^^
魚の開きのあたまがどうなっているのか・・・。
なんて今まで考えたことありませんでした!
このカマスは出張帰りの主人が買ってきたものなのですが、
地域によって開き方も違うんですね。
HOUZANさんへ
お返事がぬけていました、ごめんなさい。
せっかくコメントを書いてくださっているのに
失礼いたしました。
おろし明太子おいしいですよ。
私はちょっとお醤油をかけますが、主人はそのままで
食べていますよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。