スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシピ★秋の味覚!さんまの梅酒煮

2008年10月07日
081006さんまの梅酒煮
さんまの梅酒煮
  
     ・生さんま・・・3匹
     ・梅酒・・・120cc~150cc
     ・水・・・50cc~80cc(梅酒と水と合わせて200cc)
     ・みりん・・・大さじ2
     ・さとう・・・大さじ1と半
     ・しょうゆ・・・大さじ2と半
     ・土しょうが・・・1片



1.サンマは1匹を3切れぐらいの筒切りにして、中のワタは引き抜きしっかり洗い流しておく。
  両面に切れ目をいれておく。
  サンマに塩(分量外)を少々振って30分ほど置いておく。
  30分後しっかりキッチンペーパーで水分をふく。
2、鍋に梅酒、水、みりん、さとう、スライスしたしょうがを入れて火にかけ
  煮立ったらサンマを加える。
3、落としぶたをしてゆっくり20分ほど煮る



※私は自家製の梅酒(ホワイトリカーではなく日本酒の原酒に漬けたもの)を使用しています。
  私の梅酒は甘さがかなり控えめなので、煮る時にお砂糖やみりんをたっぷり使っていますが、
  もし甘めの梅酒をお持ちなら甘みを調節してください。

※梅酒と水を合わせて200ccで煮ますが、私の場合は梅酒120ccと水80ccです。
 酸味が残ると主人があまりすきではないのでこの分量にしましたが、
 もっと梅酒の爽やかさを味わいたい場合は梅酒の量を増やして水を減らしてください。

※上の写真は前日の夜に煮て、当日再度火にかけたものです。
  しっかりお味がしみ込んでいてとってもおいしかったですよ。
  私はいんげんをさっと塩ゆでして添えました。
  





旬のサンマでさっそく作ってみたいわ、と思われたら
こちらをぽちっと。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
こちらにも参加しています。クリックお願いします。
ブログランキングバナー

スポンサーサイト
Comment
No title
梅酒は義母が漬けたものがいっぱいあります。
かなり甘いです。
明日は秋刀魚煮(予定)と思ったので梅酒入れてみますね。
圧力鍋で時間短縮です(汗)
秋ナスのおかか炒め、こちらでは「ナス炒り」と言ってかなりメジャーな東北のお母さん料理です。
やはりみりんとお醤油だけの味付けです。
お好みで砂糖プラスですね。
おかかは意外でした。
なんかより美味しい1品になりますね。
ろろすけさんへ
圧力なべをお持ちなんですね。うらやましいです^^きっとさんまの梅酒煮も圧力鍋なら骨まで軟らかに煮えるでしょうね。
「ナス炒り」っていう名前のお料理だったんですね。「お母さんの料理」っていう響きなんだか温かみがあってうれしいな。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。