スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシピ★つぶつぶ!きらきら!いくらのしょうゆ漬け

2008年09月02日
080829しょうゆ漬け
生筋子から作るいくらのしょうゆ漬け

    ・生の筋子・・・300g
    ・酒、みりん、しょうゆ・・・各50cc
    ・だし昆布・・・5センチを2枚




1.筋子はザルにいれてぬるま湯をかけてつぶつぶをはずしていく。
  ボールにぬるま湯をはり、浮いてきたカスを丁寧に取り除く。
  数回くりかえしてきれいに掃除をする。
2.ボールに酒、みりん、しょうゆ、だし昆布をまぜあわせておく。
  ここに1.のいくらを漬け込む
3.2日後ぐらいからがよく漬かっておいしいかと思います。



※酒、みりん、醤油は1:1:1の割合です。筋子の量で調節してください。
 私はお酒もみりんもそのまま使っていますが、お子様やお酒っぽさがお嫌いな方は
 お酒とみりんを一度煮切ってさましてからお使いくださいませ。

※筋子はぬるま湯で洗うと白っぽくなりますがそれで大丈夫です。
 冷たい合わせだしにつけるとまた透明になりますよ。


080901いくら丼
こちらはいくら丼にしたものです。
白いごはんにいくら、子持ちめかぶ、わさびをのせていただきます。




筋子から作るとたっぷり食べれますよね。ぎっしりいくら丼が食べたくなった方は
こちらをぽちっ。
↓   ↓    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

こちらにも参加しています。クリックお願いします。
ブログランキングバナー



スポンサーサイト
Comment
No title
こりゃまた
いくら三昧ですね

息子が週末
鮭とイクラの親子丼なるもん
ほおばっとりました

No title
「赤いキラメキ」確かに!!
いくらを漬けると、家だからこそ贅沢にたっぷり
食べれる事ができますよねー。
ふぅ~美味しそうのため息が思わず出てしまいました。

家もそろそろやろうかなー
おいしそー
やはり、以前私が作った醤油の分量では、からいはずですね。
さっそくこのレシピで再度チャレンジしてみます。
うむ~、
スジコからいくらにするなんてすごいです!ぬるま湯で何度も皮みたいなのをとるのですね。勉強になります!
れおさんへ
鮭といくらの親子丼、いいですね。海の親子ですね。
今回は子持ちめかぶと一緒に丼にしましたが、どろっとしていてこれもなかなかおいしかったですよ。
モニさんへ
このたっぷりの量はおうちで漬けたからこその醍醐味ですよね。
ご飯をたべおわってもおどんぶりの底にまだいくらが残っているのが幸せなんですよ^^
菊姫子さんへ
この1:1:1の分量でもお人によったら少し辛めに思われるかもしれません。でもお丼にしたらちょうどいいぐらいでしたよ。
このシーズンにぜひお試しくださいね。
IZUさんへ
意外と簡単にできますので、ぜひぜひお試しください。
筋子から作るとたっぷりと食べれてなんだかうれしくなります^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。